「Yay!(イェイ)」で集え!「シャドウバース」の研究・対戦で盛り上がろう!

2016年6月にリリースされた「シャドウバース」は現在累計ダウンロード数2500万を超える、日本一のデジタルトレーディングカードゲームです。2018年には「RAGEシャドウバースプロリーグ」が発足し、今現在も人気は衰えることを知りません。

オンラインゲームを一緒にする仲間がすぐに集まる「Yay!(イェイ)」でも、かなり大規模な「シャドウバース」のサークルが存在し、また近頃新たなサークルもどんどん作成されていっているようなので、この機会に両方のアプリを活用した更に楽しい遊び方をご紹介したいと思います!

「Yay!(イェイ)」を使ったことがない人でも、いつでも同世代のユーザーと「シャドウバース」をマルチプレイできるコミュニティと出会うチャンスですので「シャドウバース」ユーザーは必見です!

「シャドウバース」にオンラインチャット機能がないのでチャットや通話をしながら楽しむのには「Yay!(イェイ)」がおすすめ!

「シャドウバース」ってどんなゲーム?

シャドバ公式

2016年のリリース以降人気は広がり続け、現在では累計ダウンロード数が2500万を超えているデジタルトレーディングカードゲーム「シャドウバース」。2018年には「RAGEシャドウバースプロリーグ」が発足、2019年以降は「本格スマホeスポーツ」というキャッチコピーも使うようになり競技的な側面をもつほど大きなゲームとなりました。実際に大会なども開催されており世界中で熱い戦いが繰り広げられています。

オンラインで他ユーザーとのバトルをすることが可能になっており、国内だけではなく世界でリリースされていることもあって、24時間いつでもマッチング相手がいます。アクティブユーザーがとても多く、オンラインマッチングの待機時間についてもほぼありません。

こんな人におすすめ

・本格的なカードバトルをしたい

・デッキ構築や戦略を考えるのが好き

・綺麗なイラストのカードをコレクションしたい

「シャドウバース」の魅力は?

ここでは「シャドウバース」の魅力をいくつかピックしてご紹介します。ただゲーム全体の雰囲気でゲームをプレイするかどうか決める方もいるかと思います。まずはゲームの世界観をみてみましょう!

カードのデザイン

「シャドウバース」の魅力としてまず挙げられるのがカードのデザインです。美麗なイラストで可愛らしいイラストのものからとてもカッコいいイラスト、眺めているだけで美しいものまで。同じカードでも「プレミアムカード」という流動性のあるイラストのカードが存在したりなどコレクションが好きな人には非常に魅力的です。デジタルデータではありますが所有の満足度がありカードを集めることも楽しみになりそうです。「シャドウバース」を配信しているCygamesから過去に出たゲームタイトルでお馴染みのキャラクターがカードとなって登場したりなどもあり、カードデザインのファンが多数いるゲームです。

進化

シャドバ公式

「シャドウバース」の大きな特徴とも言える要素。
対戦開始から一定のターン経過後に、進化ポイント(EP)と呼ばれる数字を消費して、自分のカードを「進化」させることができます。
「進化」したカードはイラストが変化し、基本的にステータスが大きく向上するほか、進化時に能力が働くカードや、進化することで能力が変化する場合もあります。

回数の限られた進化のタイミングをいつ使うか、あるいはどのカードに切るのかといったところでゲーム展開が大きく変わります。勝敗に直結しうるポイントにプレイヤーの意思が介在していることでゲームメイクの幅はもっと広がります。

クラスの存在

シャドバ公式

「シャドウバース」では「クラス」というものが8種類存在します。「クラス」とは「ドラゴン」「エルフ」「ヴァンパイア」などのデッキのベースのようなイメージで、どのクラスを選択するかによって使えるカードが決まっています。さまざまなクラスのカードを混ぜてデッキを組むことができないため、どんなプレイヤーでもまず8通りのデッキ構築があります。自分の得意な、あるいは好きなクラスを極めたり、いろんなクラスのデッキ構築をしたりなどデッキおパターンが複数ある分飽き知らずのゲームです。

対戦においても、その時期に強力な構築で流行のクラスが出てきた場合に、それをメタるクラスのデッキが流行し、それをまたメタるクラスのデッキが流行、と言ったように奥深さが増しています。

各クラスごとの特徴もあり、アグロ(即効)戦術やランプ(大型フォロワー)戦術など得意としやすい戦術もバラバラです。どのクラスのデッキをメインで使用するのかプレイヤーの好みが分かれており、それが「シャドウバース」の大きな魅力だと言えるでしょう。

戦略性の高さ

クラスの選択・デッキ構築に始まり、対戦中も高度な読み合いが繰り広げられます。採用されているカードから相手のデッキのコンセプトを読んだり、相手の次ターンの展開を予測して盤面をとるなど対戦中は常に読み合いです。「とても強いカードが存在していてそれを引ければ勝ち」という安易なものではなく「どの順番でカードを切るか」「どこで進化を切るか」「デッキコンセプト的に次にきっとあのカードが来るから備えておこう」など、プレイヤーの技術がゲームの勝敗にかなり大きく影響します。

デッキ構築や対戦の奥深さはなんと環境分析の本作専門サイトが存在するほど。その時その時のtearから他プレイヤーの使用率の高い構築を読みそれをメタるデッキを構築する、そして理想的なムーブをマスターする。デッキ構築の段階から読み合いが始まっており、また各プレイヤーのプレイングの手腕が求められるゲームなのです。

「シャドウバース」プレイ可能なハードは?

iOS(iPhone)、Android、Windows、macOSでプレイが可能です。モバイルで隙間時間に対戦を楽しむのもよし、PCの大きな画面でカードデザイン・バトル演出を楽しむもよし、いずれを使ってもメリットがあります。

Android / iPhoneはこちらから!

シャドウバース (Shadowverse)
シャドウバース (Shadowverse)
開発元:Cygames, Inc.
無料
posted withアプリーチ

「シャドウバース」に課金は必要なの?

さてやはり気になるのがプレイするのにお金はかかるの?というところですが、結論から言うと「シャドウバース」は完全無料でプレイできます!課金すること自体は可能ですが、課金によって得られる”クリスタル”は主にカードパック購入に使用するもので、いわゆる「スタミナ」のようなプレイ回数を制限する要素そのものがありません。他にはプレイヤースキンの変更などが可能ですがこちらはオマケ要素で、もちろん見た目で対戦の勝敗への影響は一切ナシ。

またカードパックの購入についても、課金アイテム”クリスタル”以外にゲーム内通貨の”ルピ”や”カードパックチケット”で可能です。どうしても組みたいデッキに必須のカードがあって、それを早く当てて使うためにたくさんカードパックを引きたい場合以外、課金が必要だと感じる場面はなさそうです。

なお「シャドウバース」ではカードの生成機能があり、どうしても欲しいカードは”レッドエーテル”というゲーム内アイテムを使って手に入れることができます。レッドエーテルは他のカードを砕くことで手に入ります。要するにどうしても欲しいカードも課金なくゲーム内完結で作り出すことができちゃいます!

チャット機能はあるか?

対戦中にあいさつなどの定型文を送ることはできますが残念ながらチャット機能はありません。他ユーザーと交流して繰り返し対戦をしてみたい場合や、通話しながら対戦したい場合などには他のSNSが必要となります。

Yay!(イェイ)のサークルでマルチプレイできる友達が見つかる!

Yay!(イェイ)- 同世代と趣味の通話コミュニティ
Yay!(イェイ)- 同世代と趣味の通話コミュニティ
開発元:nanameue, Inc.
無料
posted withアプリーチ

「Yay!(イェイ)」では、オンラインゲームの仲間を探すのに最適な「サークル」という機能があります。マルチプレイの相手を募るだけでなくコミュニティ内のユーザー同士で情報交換も盛んに行われています。

(上)画像は実際に「Yay!(イェイ)」のサークル検索で「シャドウバース」と検索した結果ですが、いくつかのサークルがヒットしました。

おすすめサークル:Shadowverse 総合

サークルの説明

シャドウバース(シャドバ)のグループです。 旧Lobi(lobi) shadowverse総合グループより引っ越してきました。 初心者から廃人まで歓迎しております。 禁止事項:連投・公序良俗に反する行為全般・Shadowverse・Yayの規約に反する行為

サークル名Shadowverse 総合
カテゴリゲーム
参加人数499人
コメント数3,966件
閲覧数66,225回

「シャドウバース」のサークルのうち最も規模の大きいサークルです。参加人数が多い分非常にアクティブで、参加しておいて損はなさそうです!

対戦募集だけではなく、どちらかというとデッキレシピの相談やtear情報の共有が盛んに行われていました。リアルタイムでのゲーム内流行とその対策をキャッチできるのでおすすめです。上級者同士で環境のメタ考察をしたり、初心者の方も気軽に参加してデッキレシピのアドバイスなどを相談してみましょう!

「シャドウバース」で「Yay!(イェイ)」を利用するメリット

「Yay!(イェイ)」×「シャドウバース」を活用することで得られるメリットは以下の通りです!

・チャットしながら対戦できる
・通話しながら対戦できる
・デッキ構築などのアドバイスがもらえる
・tear情報やメタデッキなどの情報交換することができる

対戦だけではなく自身のデッキなどの内容を共有したり、アドバイスをもらったりできるのは非常に嬉しいポイント。またゲーム内で起こった嬉しいことや悲惨な状況をコミュニティで共有できるのでゲームが一層楽しめます!

情報が詰まっている「シャドウバース攻略Wiki」は絶対にチェック!

GameWith攻略Wiki

「シャドウバース」の新着情報、有用カードの紹介やおすすめデッキレシピなど有益な情報が盛り沢山!「シャドウバース」をプレイしている人は絶対にブックマークしておきたいサイトです。

1からデッキを考案するのはなかなか大変で、作ってみても実践してみないと使用感などはわからないことも。初心者の方も各クラスのおすすめデッキレシピを参考にしてベースを作ってみましょう。対戦ゲームはやはり勝ってこそなお楽しめるもの。各クラス必須と言える有用カードを確認したり、基本的なプレイングのコツなどもチェックしておきましょう!

「シャドウバース」のおすすめYouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/@mokoustream/videos

ゲームファンであればもこうさんをご存知な方も多いかもしれません。もこうさんのチャンネルではさまざまなゲームの動画が公開されていますが、シャドバの対戦動画も多く上げられています。

その時々の流行にとらわれず独自のデッキ構築を試して実践していく動画で、使用率の低いカードなどあらゆるカードの可能性を感じさせてくれるチャンネルです。余談ですがもこうさんの勝った時負けた時のリアクションも見どころです。

「Yay!(イェイ)」と「シャドウバース」は相性バッチリ!対戦だけでなく一緒に考察を深めよう!

シャドバ公式

同世代間のチャットや通話が盛んな「Yay!(イェイ)」は一緒にゲームをプレイする仲間を募るのに最適なSNSです!チャットでゲームの情報などのやり取りをしてみたり、通話をしながら高難易度のコンテンツを協力してクリアしてみたりなどゲームを楽しむ幅が広がること間違いなし!特に「シャドウバース」においては対戦だけではなくデッキ構築の相談や環境の考察を一緒に深められるのも大きなポイントです。

「シャドウバース」はeスポーツ競技として念頭に開発されており、現在もさまざまな大会やイベント、RAGEによるShadowverseのプロリーグも開催されていて今後一層盛り上がること間違いなし!「Yay!(イェイ)」でも今以上に多くのサークルが立ち上がっていくのではないかと予想されます。

「Yay!(イェイ)」と「シャドウバース」。いずれかのみが気になっている方もぜひアプリを併用することで割り増しの楽しみ方をしてみてはいかがでしょうか。